ネクストシフト
ファンドの
お金がめぐる世界
~カンボジア農家さんのストーリー~


口座開設数が1,000件を突破し
多くの皆様にご愛顧いただいている
ネクストシフトファンド。

想いあるお金がめぐる世界へのシフト
をミッションに掲げるネクストシフトは、
投資家の皆様からお預かりした資金を
どのように途上国に届けているのか。

現地の農家さんのご協力を得て、
カンボジアの様子をご紹介いたします。


■ ネクストシフトとカンボジアの関係
ネクストシフトファンドの記念すべき最初のファンドは「カンボジアマイクロファイナンスファンド1号」でした。投資家のみなさまからお預かりした合計588万円のファンド資金は現地のマイクロファイナンス機関を通じて主に農機具の購入資金となりました(このファンドはすでに償還まで完了しています)。

つまり、ネクストシフトファンドの歴史はカンボジアと一緒に始まったと言えます。
■ カンボジアのマイクロファイナンス機関との関係

ネクストシフトが利用しているカンボジアのマイクロファイナンス機関はJC FINANCE PLC.(以下、JC社)です。
JC社は日本からの投資により設立され、カンボジアの基幹産業である農業分野の成長および各農家の生活水準向上に貢献することに注力されています。 社名の“JC”はJapanとCambodiaの頭文字であり、日本の技術や経験をカンボジアの成長が期待されるビジネス分野へ普及させることを基本コンセプトとしています。
JC社がこれまでに提供したローンは1,000件を突破。ネクストシフトからの融資も多くの利用者さんの生活水準向上に役立てられています。

JC社について詳しくは同社ウェブサイトをご覧ください。


投資家の皆様のお金はJC社を通じて、カンボジアの農家さんが農機具を買う資金として活用されます。また、更なる特徴として、農機具を買った農家さんの多くは自分の農地を耕すだけではなく、まだ農機具を持たない他の農家さんから有料で耕うんを請負います(「トラクターサービス」と呼ばれています)。


農機具を購入した農家さんも潤いますが、耕うんをしてもらう農家さんも自ら大きな借入をすることなく農業の効率を上げることができます。


ネクストシフトファンドはカンボジア農家さんの生活向上に貢献!

この度、JC社の協力を得て実際にカンボジアの農家さんたちの生活がどのように向上したのかをインタビューさせていただきました。今回ご協力いただいた方々は、チャイさん、ニアンさん、ナムさんの3名です。

チャイさんはJC社から融資を受けてトラクターを購入しました。また、トラクターサービスの提供者として、近隣の農家さんの農業をサポートしています

ニアンさんとナムさんのお二人はチャイさんのトラクターサービスの利用者です。お2人はJC社からの融資は受けていませんが、チャイさんのトラクターサービスのおかげで農業の生産性が大幅に向上しています。


3名の生活がそれぞれどのように良くなっていったのか。インタビューを通じてお聞きしてみました。


JCからのローン借り手・トラクターサービス提供者 チャイさん

まず最初はチャイさんです。

8人家族のチャイさんは、現在71歳の農家さんです。
カンダール州で農業をされています。

  • JC社の融資について教えてください。
11,600ドルを借り入れました。返済期間は3年です。トラクターを購入しました。

  • なぜJC社を選ばれたのでしょうか。
JC社はローン審査が早く、またカスタマーサービスが優れていたからです。

  • JC社を選ばれてよかったことは何でしょうか。
金融教育として、返済計画を作ったりビジネスプランの策定も一緒に行ってくれたりしました。時間管理の方法やビジネスを拡大するためにどのように取り組めばよいのかのアドバイスもくれてとてもうれしいです。

  • 収入面はどのような変化がありましたか。
収入が安定しました。また、次第に知識もついてきて、所得や時間、人材をうまく管理する方法もわかってきました。機械のメンテナンスや修理に関しても理解することができました。

  • JC社の融資をまた受けたいと思いますか。
はい、ぜひ受けたいです。トラクターとコンバインを買って、近隣の農家さんたちをサポートしていきたいと思っています。

チャイさんのトラクターサービス利用者 二アンさん

次は二アンさんです。

現在53歳のニアンさんは12人家族。
カンダール州で農家をされています。
  • どのようにチャイさんのトラクターサービスを知りましたか。
チャイさんがトラクターサービスをこの辺りで始められたということ人づてで聞きました。

  • トラクターサービスを利用する前の状況を教えてください。
以前は“Power Tiller”という小型の耕運機を使っていました。1ヘクタールを耕すのに6時間かかるのですが、より良い土の状態にするために2回、合計12時間耕していました。また、Power Tillerの耕うんもほかの人にお願いしていたので1回あたりレンタル代で60ドルを支払っていました。このほか、ガソリン代と運転手の人件費として60ドルが必要でした。これほど時間とお金、労力がかかるので状況は大変でした。

  • トラクターサービスを利用してからどのように変わりましたか。
作業が楽になり速くなりました。またお金も時間も節約出来ました。以前は2回耕うんしなければならなかったのが、1回、2時間だけの耕うんで済むようになりました。トラクターサービスの利用料も、ガソリン代や運転手の人件費込みで1回あたり50ドルです。

  • 将来の夢はありますか。
今度は自分でJC社から融資を受けて、自分のトラクターを購入したいです。

二アンさんの生活はこう変わりました!

  • Q
    労働時間に変化はありましたか。
    A
    以前は合計12時間かかっていましたが、トラクターサービス利用後はわずか2時間になりました!
  • Q
    トラクターサービスを利用した結果、必要な経費に変化はありましたか。
    A
    以前は合計240ドルかかっていたものが、トラクターサービス利用後にはわずか50ドルで済むようになりました
  • Q
    トラクターサービスを利用した結果、必要な経費に変化はありましたか。
    A
    以前は合計240ドルかかっていたものが、トラクターサービス利用後にはわずか50ドルで済むようになりました

チャイさんのトラクターサービス利用者 ナムさん

最後にナムさんです。

現在23歳のナムさんは12人家族。
カンダール州で農家をされています。

  • どのようにチャイさんのトラクターサービスを知りましたか。
チャイさんがトラクターを購入された時に知りました。私が住んでいる村ではこれまでトラクターは一台もありませんでした。

  • トラクターサービスを利用する前の状況を教えてください。
Power Tillerを使っていました。6時間かけて1ヘクタールを耕していました。良い土の状態にしたかったので、12時間かけて2回耕していました。
Power Tillerはレンタルで、1回あたり60ドルかかっていました。ほかにもガソリン代とPower Tillerの運転手の人件費として60ドルが必要でした。1回あたり120ドルかかり、私は2回耕していたので240ドルかかっていました。農地を耕すのはとても重労働で時間がかかっていました。

  • トラクターサービスを利用してからどのように変わりましたか。
作業がとても楽になりました。費用も時間も抑えられ、収穫量もアップしました。

  • 将来の夢はありますか。
トラクターサービスを利用して時間も費用も節約でき、土地の状態も良くなったので非常に満足しています。将来は自分でJC社から融資を受けて、トラクターかコンバインを購入したいと思っています。 

ナムさんの生活はこう変わりました!

  • Q
    労働時間に変化はありましたか。
    A
    以前は合計12時間かかっていましたが、トラクターサービス利用後はわずか2時間になりました!
  • Q
    トラクターサービスを利用した結果、必要な経費に変化はありましたか。
    A
    以前は合計240ドルかかっていたものが、トラクターサービスを利用して2回耕してもわずか100ドルで済むようになりました!
  • Q
    トラクターサービスを利用した結果、必要な経費に変化はありましたか。
    A
    以前は合計240ドルかかっていたものが、トラクターサービスを利用して2回耕してもわずか100ドルで済むようになりました!

チャイさんが行うトラクターサービスにより、農業の生産性が向上したニアンさんとナムさん。
将来は2人ともマイクロファイナンス機関から融資を受けてトラクターを購入したいと考えておられます。


ネクストシフトファンドを通じて投資家の皆様からお預かりしたお金は、カンボジアでは最終的に農機へと変わり、カンボジアの農家さんの生活向上に役立っています。

一人でも多くの農家さんの生活がよくなるように、ネクストシフトは今後もカンボジア向けファンドを募集していきます。ぜひ投資家の皆様には「想いあるお金がめぐる世界」の一員となっていただけますと幸いです。

ネクストシフトファンドで
世界の人々を応援しよう!

最後に

ネクストシフトはこれからも現地の方々の声を直接お聞きし、より良いファンドを投資家の皆さまにご提供していきます。(ファンド組成時には必ず現地の金融機関と借り手の方々にお会いし情報収集を行うことを徹底しています。)